人気のリフォーム業者ランキング!口コミで評判の良いリフォーム業者を厳選して紹介しています。

ガスコンロとIHはどっちがいい?使いやすいキッチンにリフォームしよう

公開日:2022/09/15


ガスコンロとIHは実際どちらが使いやすいのか、疑問に思ったことはありませんか?結論からいうと、どちらが使いやすいと感じるかは、人によって異なります。今回は、それぞれのメリット・デメリット、交換にかかる費用などを紹介します。自分のライフスタイルに合うのはどちらか、参考にしてみてください。

ガスコンロの特徴

ガスコンロでは、都市ガスやプロパンガスで火をおこして調理します。直火のため、火加減が目に見えて分かることが特徴です。まずは、ガスコンロのメリットから解説します。

火を自由に使える

高火力で料理ができて、強い火を使ってもブレーカーが落ちる心配はありません。同時調理で料理の時間を短縮できます。使用時は注意が必要ですが、炙って調理できるという魅力もあります。

どんな調理器具でも使える

IHはIH対応の調理器具を選ぶ必要がありますが、ガスコンロでは気にせず好きな調理器具を選べます。フライパンを浮かせても火が消えないため、中華鍋やフライパンを振ってコンロから遠ざけたとしても、問題なく使用できます。

停電時も安心

夏になると、計画停電など電力不足が話題になっています。急な停電でも、ガスコンロなら使用できるため、安心です。

時間によってガス代かからない

ガス料金は時間帯によって変動しません。料金を気にせず、好きな時に使えるのもメリットの1つです。ガスコンロは制限が少なく、自由に使える点をメリットと感じる人も多いでしょう。しかし、火を使うガスコンロにはデメリットもあります。

暑さや引火の危険がある

火を扱うため、近くのものに引火してしまう危険性があります。また、熱がこもるため、夏場はIHに比べて暑さを感じやすいでしょう。ガスコンロの近くに傷みやすい食材を置かないように、気をつけましょう。

掃除が大変

最近では汚れにくいタイプや取り外して、簡単に掃除ができるものも増えていますが、やはりIHと比べると、掃除しにくい点がデメリットといえるでしょう。換気扇もIHと比べて、汚れやすい傾向にあります。

IHクッキングヒーターの特徴

IHクッキングヒーターは電気によって発熱しているため、直接火を使わないのが大きな特徴です。ガスコンロよりも新しいイメージをもっている人が多いのではないでしょうか。IHのメリットも紹介していきます。

火を使わないため安全

ガスコンロに比べて、引火や火災のリスクが少ないことがメリットです。子供やお年寄りがいる家庭でも、安心して利用できるでしょう。火を使わない分、熱がこもりにくく、夏場でも料理しやすいという魅力があります。

お手入れが簡単

サッと拭くだけで簡単に掃除ができるため、掃除のしやすさが大きなメリットといえるでしょう。

操作が簡単

温度の設定など、ボタン1つで簡単に操作ができます。立ち上がりも早く、お湯を沸かす時間を短縮できて効率的です。時間がない方はIHを便利だと感じるのではないでしょうか。続いてIHのデメリットについて説明します。

使えない調理器具がある

センサーに反応せず、鍋振りできない場合があります。同じくセンサーに反応しない小さなサイズやお気に入りの調理器具でも、IHに対応していないと使用できないため、事前に確認が必要です。

停電時に使用はできない

電気で発熱しているため、停電時は使えなくなります。頻繁に起こることではないため、小さな卓上コンロを1つ持っておくと安心でしょう。

見た目で火力が分からない

見た目で火力がわからないため、火加減の微調整が難しいと感じる場合もあります。また、完全に冷める前に、誤って触れてしまう危険性があるので注意しましょう。

光熱費が安いのはどちらか

一般的には、ガスコンロのほうが安い傾向にあります。しかし、住んでいる地域や電気プラン、オール電化にしているかなどで大きく変わるため、最適な方法を選ぶことをおすすめします。参考として、1kWhあたりの光熱費を比較してみましょう。

・LPガス 22.27円
・都市ガス 15.73円
・電気(夜間) 18.26円
・電気(昼間) 36.20円

※石油連盟「1kWhあたりのエネルギー別単価比較!!」参照

都市ガスが最も安く、昼間に電気を使用した場合が最も高くなっています。IHの場合も、電気代が安い夜間の使用が多いようであれば、光熱費を抑えられます。

交換(リフォーム)にかかる費用

引っ越しの際に「物件は気に入ったのに、使い慣れているIHではなかった」など希望と異なるケースもあるでしょう。リフォームでガスコンロからIH、もしくは別のIHやガスコンロに変更する場合の費用相場について解説します。

ガスコンロからIHの場合

全体で9~33万円ほどが相場です。商品代金が4~28万程度とメーカーや機能によって大きく変動します。さらにIH専用の配線工事でプラス4万円前後、IHの設置にかかる費用が1万5,000円前後かかるでしょう。

ガスコンロからガスコンロの場合

全体で5~26万ほどかかります。内訳として、ガスコンロ商品代金が3~24万円程度かかり、設置工事で2万円前後を見ておくといいでしょう。

IHからガスコンロ

ガス栓があれば、2万円前後で工事ができますが、ガス栓がない場合はガスの配管工事で高額になるケースがあります。事前に見積もりをしたうえで、検討しましょう。

IHからIH

IHの設置にかかる費用が1万5,000円前後、商品代金が4~28万程度のため、全体で5~29万ほどが相場になるでしょう。

まとめ

IHとガスコンロは、どちらもデメリットを補う機能を備えたモデルが出てきています。リフォームしようか悩んでいる方は、使いやすさや光熱費、交換にかかる費用を加味して選ぶことをおすすめします。キッチンは日常的に使うものです。料理が好きでこだわりたいならガスコンロ、仕事が忙しく掃除の手間を減らしたいからIHなど、ライフスタイルから自分に合うキッチンを検討してみましょう。

【富山市】おすすめのリフォーム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名ユニテ新築そっくりさん 富山営業所石友リフォーム 上飯野店住友林業のリフォーム 富山支店タカノリフォーム
特徴各分野の専門家が在籍し、一貫体制でサポート古い家も築浅の家も、小規模・大規模リフォームも叶う!見積もりも相談もオンラインで可能住友林業グループの木を用いた安全な家が建てられる!安心で安全、一年中快適な家にリフォーム!
詳細詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
その他おすすめリフォーム業者
記事一覧